メールの送受信、ワークフローの決済、社内資料の確認等が出先のモバイル端末から操作可能。しかもセキュアに

製品情報 BlackBerry Enterprise
Mobility Suite

現状の課題

  • 会社から支給されたスマホと、
    自分のスマホの2台持ちが煩わしい…

  • スマホで会社メールを見たいが、
    既存のアプリだと通信状況によって
    使えないし、UIもいまいち…

  • ワークフローの承認作業が多すぎる。
    PCだけでなく、スマホでも
    電子決裁できると便利なのだが…

  • メールチェックだけでなく
    Office文書の編集もスマホで行いたい…

  • 会社独自のスマホアプリを開発したいが
    セキュリティ面が不安…

BlackBerry Enterprise Mobility Suiteを導入することで出来ること

  • 個人の端末にセキュアなBlackBerryアプリを導入。1台あれば、
    プライベートもビジネスもこなせます

  • オフライン環境でもメールを閲覧可能
    直感で操作できるUIのため、
    細かいマニュアルは必要ありません

  • モバイル上で社内ポータルサイトを閲覧
    外出先での電子決裁も可能です

  • 添付ファイルだろうとファイルサーバ内のドキュメントだろうと、
    Officeファイルを編集して保存できます

  • 独自に開発したアプリであっても、
    BlackBerry水準のセキュリティレベルに引き上げます

管理者の立場からこんな課題/懸念はありませんか?

課題/懸念
以前導入したBlackBerry端末と同水準のセキュリティを、スマホにも求められていて、製品探しが難航している
課題/懸念
BYODを検討してはいるものの、個人端末を業務利用させてセキュリティを担保できるのか不安がある
課題/懸念
「VPNが繋がらず、社外でパソコンを使えない!」というユーザからの問合せが多い
課題/懸念
システム部門で端末をセットアップ/キッティングする手間をできる限り省きたい

BlackBerryが懸念を払拭します!

解決!
BlackBerry EMSのアーキテクチャはBlackBerry端末と同じものです。同じアーキテクチャでセキュリティを担保するため、製品評価/選定も容易に可能です。
解決!
BlackBerryアプリを使った通信はすべてAES256bitで暗号化。通信だけでなく、アプリ内も暗号化されているためデータを解読される心配はありません
解決!
BlackBerry EMSはVPN不要でありながらセキュアに社内システムと連携します。VPNの構築・運用にかかるコストを省いて安価かつスピーディに実装できます。
解決!
BlackBerry用サーバの構築後、管理者が必須の作業はユーザ登録だけ。DEPやセルフサービス機能がキッティング負荷を極小化します

BlackBerry製品による働き方変革

BlackBerry製品導入によって、社員のみなさんの働き方を大きく変革することができます。
今まで “会社の自席で”やっていた仕事を、“ちょっとした空き時間” や “移動時間” にこなすことで、
残務処理のためだけに、わざわざ帰社することもなくなり、より柔軟な働き方を実現できます。

シーン

今までの働き方

これからの働き方

短縮できる時間

(自席での業務遂行時間)

朝 出社してから
メールをチェック
通勤電車の中で
メールチェック完了
7分/日(140分/月)
顧客訪問前 出発前に、
経緯の確認・地図の印刷
訪問先担当者/連絡先をメモ
移動中に、
・インターネットで地図検索
・経緯をメール履歴で確認
15分/件+×2件/日(600分/月)
顧客訪問時 お客様から新しいご相談。
PC立上げ、NW接続、VPN接続し、
ファイルサーバーへアクセス
お客様を殆ど待たせずに
ファイルサーバーにアクセス、
お客様にご紹介
0分(但しお客様に見せるまでの時間は、10分削減)
会議 社に戻って、
・会議室空状況を確認
・社内外の参加者へ候補日を連絡
・2-3通のメールで開催日決定
会議終了時にその場で、
会議室・参加者の空き状況を
チェックし、開催日決定
10分/件×3件/週(120分/月)
合計:860分/月

モバイル環境を整えることで、モバイルでの仕事量は、200タップ/日 にも上るといわれています。
そこで、大前提として、“使われる” “面倒くさいと感じさせない” ツールであることが非常に重要となります。

UI・UXの評価が高いBlackBerry EMS製品は、
効果を確実に得られる製品といえます。

製品体系および製品内容

御社のニーズに合ったものをご提供できるよう、5つのライセンス体系をご用意しています(¥400/月~)。
どのライセンスでも、MDM/MAM、セキュアブラウザの基本機能をご利用いただけます。

BlackBerry Enterprise Mobility Suite

Management Edition

Enterprise Edition

Collaboration Edition

Application Edition

Content Edition

スターターパッケージ
  • Mobile Device Management (MDM)
  • Mobile App Management (MAM)
  • セキュアブラウザ
Management Editionに加え
  • メールシステム連携(メール、カレンダー、連絡帳、タスク)
  • 新着メールのプッシュ通知
  • ローカル文書管理
Enterprise Editionに加え
  • SharePoint、box、ファイルサーバ上の文書管理
  • 企業内チャットツール/プレゼンス機能との連携
  • Office文書の編集
  • サードパーティ製アプリの実行環境
  • PerAppVPN機能
Collaboration Editionに加え
  • SDKによるセキュアアプリ開発
  • Single Sign On システムの利用
  • 多要素認証システムの利用
Application Editionに加え
  • より高度なセキュリティを実現したファイル共有システムの利用(クラウド/オンプレミス)
  • Document Rights Management (DRM)システムの利用
  • ファイルレベルでのセキュリティとライフサイクル管理
iOS, Android, Windows, macOS, BB10 Balance,
Android for Work, Samsung KNOX Standard
iOS, Android, Windows, macOS, BB10 Regulated,
Android for Work, Samsung KNOX Workspace

製品導入・運用の進め方(導入ステップ)

弊社担当とのお打合せ・デモ等を踏まえ、御社の環境・要件に合ったBlackBerry製品をご検討ください。

  1. Step1製品情報収集

    弊社担当とのお打合せ・デモ等を踏まえ、御社の環境・要件に合ったBlackBerry製品をご検討ください。

  2. Step2無償トライアルの準備

    BlackBerry製品を30日間無償でご利用いただくことが可能です。

    環境・要件によって、事前に準備いただく内容が変わりますので、詳しくは弊社担当までご相談ください。

  3. Step3無償トライアルの実施

    トライアルライセンス発行後、30日間、BlackBerry製品を無償でご利用いただけます。

  4. Step4製品評価・選定

    BlackBerry製品のトライアル結果を踏まえ、御社に最も適した製品をご選定ください。

  5. Step5本番導入

    本番用ライセンスを発行いたします。

    トライアル期間中に本番用ライセンスに切替えれば、アプリの利用停止期間なく、スムーズに本番導入いただけます。

  6. Step6運用

    BlackBerryアプリをエンドユーザへ展開ください。