FIN/SUM Fintech&Regtech Summitレポート

blog

日本経済新聞社と金融庁が主催する”FIN/SUM Fintech&Regtech Summit”に参加しましたのそのレポートとなります。
去年あたりは、Fintechってキーワードをよく耳にしましたが、今年に入ってトレンドラインから少し外れた感じもしましたが、かなり賑わっておりました。
トレンドから安定期への切り替わり時期だったのかもしれません。
今回参加してきた主目的は、弊社がオフィシャルな開発パートナーとして契約をしているSymphonyの事例紹介を中心としたワークショップの聴講です。
赤(MUFG)、青(MIZUHO)、緑(SMBC)それぞれが既に導入(部分的ですが)し、且つ業務効率化の施策をSymphonyというセキュアなコミュニケーションプラットフォーム上でユーザ主体で推進されます。
銀行の中では、資金運用の中でお客様とのやり取りは現在も電話やメールを主に行っています。
メガの金融機関ではグローバルにビジネスを展開していますので、一日あたりの取引量は人手でこなす=業務限界というレベルになっています。
Symphonyは、グローバルレベルの主たる金融機関が共同出資して立ち上げられた金融レベルのセキュアでコンプライアンスにも対応、更にお客様へのサービスを向上させるチャットをベースとしたものです。
結果、BtoBのビジネスを考えた場合金融サービスを提供する金融機関とお客様はSymphonyという共通のプラットフォームに存在します。

今回の事例は、チャットBot+RPA+APIで既存のレガシーシステムを変更することなく決済業務を効率化したものになります。
金融も内部で変化が始まっていることを強く感じました。
弊社のNew-IT事業では、AI、業務プロセス改革、モバイル、セキュリティとこうした業務効率化=働き方改革を目指すお客様にはフィットするものと考えています。

今回の事例の中でユーザ(お客様)のレベルが想像以上に上がっている中でのんびりしていられないと痛感です。

最後に纏めですが

Fintechって金融=銀行や証券というイメージが強いですがオンラインレンディング(貸付)などでは銀行では融資が難しい中小企業、スタートップ企業や個人事業者への融資を可能にしてます。更にそれが短時間で審査を完了して融資が実行される。日本の経済を変革して成長させるのに必要不可欠なものということも今回のイベントを通じて再確認しました。

またそうした業務だけでなくSymphonyとしてプラットフォームもまたFintechなのです。
今回レガシーな情報システムの方でなく現場主導という新鮮っさ且つ、レガシー否定でなくあるものを活用するという発想が業務効率化を実現してます。
やはり批判や評価をしていては前に進められません。
弊社もお客様と一緒に未来を創造していきたいと考えております。

Symphony Comunication
https://symphony.com/ja

株式会社チェンジ
https://www.change-jp.com

reported by X-Banker

blog

Posted by 木船洋司