未来を見据えたエンドポイントセキュリティ(EPP/EDR)
CylanceProtect® & CylanceOptics®

これまで、多くのエンドポイントセキュリティ製品はシグネチャを基にマルウェアを検出していました。しかし、シグネチャは、誰かがマルウェアに感染し被害を受け、損害が発生した後に作成されます。

いつ、あなたがその、誰かにならないとも限りません。

また、現在は数時間単位でマルウェアが形を変えることもあり、シグネチャベースのでは追いつくことができなくなりつつあり、新しい脅威の対策が必要となって来ています。

CylanceProtect®️内で利用されるアルゴリズムモデルでは、シグネチャ、パッチ、システムスキャンが使用されません。また、エンドポイントでセキュリティソリューションを実行することによるエンドポイントの速度の低下が生じません。

従来のシグネチャベースの事後対応型アンチウイルス製品から乗り換えたお客様は、最大 99%のROIを達成し、マシンの再イメージ化を97%削減し、ハードウェアとバッテリーのパフォーマンスを高め、ソリュション管理に要するスタッフの作業時間を90%削減しています。

CylanceProtect®️は、セキュリティ侵害を阻止し、スクリプトベース、ファイルレス、メモリ、外部デバイスベースなどの各種攻撃を防御する追加のセキュリティコントロールを提供します。
CylanceProtect®️は、ユーザーや管理者の介入、クラウド接続、シグネチャ、ヒューリスティック、サンドボックスを必要とせずにこれを実現します。

CylanceProtect®️の特長

  • 真のゼロデイ対策

    回復力に優れた AI (人工知能)モデルがゼロデイペイロードの実行を阻止します。

  • デバイス使用
    ポリシーの適用

    環境内で使用できるデバイスを制御し、外部デバイスを潜在的な攻撃ベクトルとして排除します。

  • AI (人工知能)を活用した
    マルウェア

    最先端の機械学習を用いて情報を分析し、人の手に頼ることなく、24時間365日最新の結果を提供します。

  • メモリエクスプロイトの
    検知と防御

    悪意のあるメモリの使用(ファイルレス攻撃)を防御するために迅速かつ自動的に対処して、未然に識別します。

  • スクリプト管理

    環境内で使用できるデバイスを制御し、外部デバイスを潜在的な攻撃ベクトルとして排除します。

  • 固定機能デバイス向けの
    アプリケーション制御

    最先端の機械学習を用いて情報を分析し、人の手に頼ることなく、24時間365日最新の結果を提供します。

CylanceOptics®のEDRソリューション

CylanceOptics®は、CylanceProtect®️と連携して、

攻撃者の一歩先を行くために必要な検知および防御機能を提供し、
ビジネスのセキュリティを確保します。

CylanceOptics®️は、AIを使用して広範囲に及ぶセキュリティインシデントを特定、
防止することによって、CylanceProtect®️tが提供する脅威防御を拡張するよう
設計されたエンドポイント検知/対処(EDR)ソリューションです。

  • エンタープライズ対応

    • 分散型の検索と収集
    • クロスプラットフォームの可視性
    • APIへのアクセス
    • Syslogとの統合

  • 脅威の検知

    • コンテキストに基づく検知
    • 機械学習モジュール
    • MITRE ATT&CKフレームワーク

  • 脅威の調査と対処

    • 第2世代
    • クラウド拡張モデル

製品について詳しくは、
BlackBerry社のWEBサイトを御覧ください。