BlackBerry® WorkspaceとOutolookを
連携したPPAP対策ソリューション
セキュアメールBOX

BlackBerry® WorkspaceとOutolookを連携したPPAP対策ソリューション
セキュアメールBOXとは

セキュアメールBOX logo
2020年11月に、デジタル改革担当大臣の平井卓也氏は、政府として今後中央省庁での「PPAPを廃止する」と発表しました。その理由は「セキュリティ対策や受け取り側の利便性の観点から適切ではない」とされました。

PPAPは、添付ファイルの送信と、パスワードの送信とで、2度メール送信をするため手間がかかることはもとより、zipファイルにパスワードをいくらかけても、現在は、パスワードを総当たりで試すツールは簡単に手に入るため、昨今のパソコンであれば、時間をかければ開くことができてしまい、そもそも、セキュリティ面でも不十分と言える。加えて、zipで暗号化する際にウイルスなどが混入した場合には、ウイルスチェックを免れてしまう可能性もある。つまり、PPAPは害だらけの送信方法とも言えるものです。

他社もやっているからと、深く意味を考えずにPPAPを利用している場合が多く、根本的な解決策が必要となっています。

チェンジの提供する“セキュアメールBOX”は、BlackBerry® WorkspaceとOutlookを連携することで、前述の問題点を解決するクラウドソリューションです。メールには、ファイルは添付せず、セキュアなBlackBerry® Workspaceのクラウド領域に一時保管され、メールには一時保存されたファイルへのリンクが自動的に挿入されます。また、一時保存される際にクラウド上でウイルススキャンが行われるため、受信者がウイルス感染するリスクもなくなります。誤送信してしまった場合にも、ファイルヘのリンクを無効化することができるため、うっかり対策にもなります。

PPAPの問題点と、セキュアメールBOXによる解決策

  • 問題点1

    zipで圧縮・暗号化したファイルと、パスワードを同じ経路で送信しており、覗き見された場合漏洩のリスクがある

  • 問題点1

    ファイル自体はメールに添付されず、クラウド上のBlackBerry® Workspaceに一時保存され、そこへのリンクがメールに自動挿入される

  • 問題点2

    zipで圧縮・暗号化することで、ウィルスチェックが行えず、受信者が感染するリスクがある

  • 問題点2

    ファイルがクラウド上のBlackBerry®Workspaceに保存される際に、ウイルスチェックが行われ、感染リスクはなし

Outlookで、添付ファイル付きのメールを送信する操作とほぼ同様の操作で、添付ファイルはBlackBerry® Workspace内のメールフォルダーに取り込まれ、ファイルへのリンクは、自動的に本文に挿入されます。

BlackBerry製品を利用したPPAP対策の概要

BlackBerry® Workspace(セキュアコラボレーションプラットフォーム)のoutlook連携機能を活用し、
PPAPの代替施策を実行するものになります。併せて外部とのデータ共有に関するセキュリティ
の向上と内部統制の向上にも対応します。



通常のoutlookでの添付ファイル付きのメール配信操作をほぼ変えることなく、添付ファイルはBlackBerry® Workspace内のメールフォルダーに取り込み、本文にリンクを自動挿入します

– 簡単なセットアップ作業でこの環境を準備することができます –

BlackBerry® Workspace環境

クラウド環境セットアップ

ユーザ登録

Outlookの設定

BlackBerry® Workspaceのプラグインソフトウェアのインストール

ファイル受信の流れ

メールを受信

ブラウザに受信者確認の
画面が開く

メールで認証コード
が送られてくる

ブラウザに受信者確認の
画面が開く

ブラウザに
プレビューされる

セキュアメールBOXにより、
メール送付作業は、大幅に効率的に変わります。

例:ワードの文書をPDFとして、送付する場合